年齢を重ねるごとにニキビ跡が…

年齢を重ねるごとにニキビ跡が…

中学生の頃からニキビはよくできるようになってしまいました。子どもの頃から甘いものが大好きで、大きくなっても甘いものから離れられず、アイスやチョコレートを食べるとすぐにニキビができてしまうようになりました。それでも10代から20代前半まではニキビ跡はしばらくするとキレイになっていました。特にこれといってケアしていたわけではなかったのですが。
20040303_009

たまに大きく吹き出てしまった時には痛みもあったのでオロナイン軟膏を夜塗って寝ていて、そうすると治りも早かったです。
ところが20代後半にきてニキビができてもなかなか治らず、しかもその跡がシミのように残るようになってしまいました。
そのことに自分で気付いて、要はニキビを作らなければいいんだと思ったのですが、仕事のストレスからかどうしても甘いものがやめられず、
ニキビを作っては治るのに時間がかかり、やっと治っても跡が残って落ち込んでということを繰り返していました。

ニキビも頻繁にできることだし、自分は肌が脂っぽいのだとずっと思っていたので、メイク落としも洗顔石鹸もさっぱりタイプをよく使っていました。
でも30才を目前にして、もしかして乾燥しているのかな?とふと思うときがありました。
そこでさっぱりタイプのものからしっとりタイプに変えてみたところ、しばらくして徐々にニキビができづらくなってきました。

最初はそういえば最近あまりニキビができないなぁくらいだったのですが、考えてみたら洗顔をしっとりタイプに変えてからかも!
とあとで気付いたくらい本当にゆっくりとした変化でした。そこで初めて自分は乾燥肌だったのかと気付き、化粧水やクリームも保湿タイプに変えていきました
すると本当に少しずつですが、以前からずっとシミのように残っていたニキビの跡が最近ではだんだん薄くなってきたように感じます。

ニキビケアの商品を使ってもキレイにならなかったのが、乾燥肌を改善させるために使い始めた保湿タイプのもので
キレイになりつつあるので不思議な気持ちですが嬉しい限りです。
ニキビ跡ピンポイントでのケアも必要かもしれませんが、私には肌そのものを改善させることも大切だったのかもしれません。