ニキビ跡はクレイパックと日焼け止めで対処

ニキビ跡はクレイパックと日焼け止めで対処

10代のころはあまりニキビはできない方でした。
たまにプツっとできて、いつの間にか治っている程度でした。

しかし20代になり就職して生活が不規則になってから、ニキビがたまにできるようになりました。
しかも、なかなか治りにくいうえにやっと治ったと思ったらまたニキビが同じような場所にできてがっかりしました。

20040303_017いやだったのは、ニキビ跡が残ることです。
10代のころはほとんどニキビ跡は気になりませんでしたが、20代のニキビは跡を残して治ります。
そしてその周辺にまたニキビができてまたニキビ跡ができる、の繰り返しで、ニキビができやすい部分はニキビ跡によるシミがまばらにあり、とても気になっていました。

当時は顔はファンデーションは塗るけれどあまり日焼け止めは使っていない状態でした。
コスメに詳しい人から、日焼け止め効果のあるファンデを使うことと、ファンデをきちんと落とすことを教えられて、UVカット機能のあるファンデを使うようにしました。
また、クレイパックを使うと肌が明るくなるということも教えてもらいました。

実際にクレイパックを顔全体に塗って落とすと、ワントーン明るい肌になります。

その即効性に驚きました。
これならニキビ跡もきれいに治るんじゃないかと思い、1日置きにニキビ跡にクレイを乗せてパックしていました。
気になっていたニキビもできにくくなったし、ニキビ跡もだんだん目立たなくなってきました。
それに肌がきれいになってきたこともよかったですね。
今ニキビ跡はほとんど消えました。