ニキビ跡を予防する方法

ニキビ跡を予防する方法

ニキビは多くの人は10代から20代にかけて悩まされますが、一部の人は大人になってからも悩まされる皮膚の病気の一つです。
そして、ほとんどの人は何もしなくても、ニキビ跡は残りませんが、一部の人はニキビを触ったり、潰したりしなくても、
ニキビの炎症そのもので皮膚のコラーゲン組織の激しいダメージにより、赤みが長引いたり、ニキビ跡がくぼみとして残る場合があります。
ニキビ跡ができないようにするには、ニキビそのものができにくいようにすることです。

20040303_015思春期のニキビはホルモンのバランスが原因となることが多いので、できるものは仕方のないものとして、なるべく日焼けしないようにする、もちろん触らない、
引っ掻かない、絞らないなどして、ニキビで悪化してる皮膚にそれ以上のダメージを与えないようにするほかありません。

大人のニキビはストレスや睡眠不足など、生活習慣が内分泌に影響を与えてる*ので、健康上の問題にも注意を払うべきでしょう。
できてしまったものは、思春期のニキビと同様に、刺激を与えないことはもちろんですが、若いころと違い、
メイクやスキンケアが刺激になることがありますので、一度使っているものを見直してみてください。ニキビ専用の洗顔料などは、皮脂を抑える効果が高く、
それがかえって、皮膚の天然のバリア効果まで落としてしまって、刺激に弱くなって炎症が起きやすく、結果としてニキビのような症状ができるということがあります。

また、ニキビはホルモンの影響を受けるので、ピルの服用でニキビができにくくなる人もいます。
単なるニキビと軽視せず、病院に相談してみましょう。